陸上オタクぺんぺんのブログ

陸上競技のあれこれを綴ったブログです。ためになると思います。

4スタンス理論のB1の走り方を徹底解説!

どうもぺんぺんです。今回は4スタンス理論のB1タイプの走り方について解説していこうと思います。

 

B1タイプに該当する短距離選手は、朝原宣治さん、山縣亮太選手、ガトリン選手が該当します。

f:id:Athleticspenpen:20200412102456j:imagef:id:Athleticspenpen:20200412102459j:imagef:id:Athleticspenpen:20200412102503j:image

 

前回の記事にも書いたとおり、4スタンス理論にはそれぞれ軸ポイントと、可動ポイントがそれぞれあります。

 

可動ポイントとしては

・みぞおち(背中側)

・膝(外側)

・肘(外側)

・手のひら

ですね。

 

軸ポイントとなるのは

・首の付け根(背中側)

・股関節(お尻周り)

・両肩(背中側)

・両手首(外側)

・指

ですね。

 

 

B1の特徴としては

・胸を張る姿勢を作りやすい。

・手を使う動作では手のひらを使う

・スポーツ動作では縮こまる意識を持ちやすい。

・手だと人差し指側に意識を持ちやすい。

・背中側に意識を集中しやすい。

ですね。

 

走りの特徴としては

・真っ直ぐ

•肩が全く動かない

・脇が閉まる

・肘の伸展が大きく、ダイナミックな腕振りになりやすい。

・手首の動きが小さい

・拳を作る腕振りだと、手のひらから丸め込む形になりやすい。

・膝下が大きく振り出す走りになり、ゆったりとした走りになる。

ですね。

 

一般的に、ナンバと呼ばれる回旋の動きを得意とします。

 

さまざまな特徴をあげましたが、あくまで傾向の話です。例外は沢山あります。

 

ただ、ここで重要なのは自分の苦手な動作を知るということです。

・腕振りの際、肘の曲げ伸ばしが目立つ→Bで無理矢理強制をする必要はない。

ということですね。

 

次回はB2タイプです。九鬼選手、サニブラウン選手がわかりやすいと思います。それではバイバイ!